このblogについて

パンク・ハードコアランキング |  音楽系人気ブログランキングへ

このblogはPunkの虜になってしまった管理人が、自分のお勉強や知識の棚卸しも兼ねて、主にYouTubeの動画を交えながら淡々とバンドを紹介していくblogです。


◆TOPIC◆

  • 紹介バンド一覧』を更新しました。(2015/10/10)
  • 毎日更新を終了しました。(2015/10/06)

紹介バンド一覧 を
作ってみました。適宜更新していきます。
(Last Update : 2015/10/10)


↓過去記事をランダムで表示します。
埋もれた名バンドに出会えるかも!?



尊敬する方、三橋貴明さんのblogです。必読!


ソニーストア

2015.10.06 (Tue)

Vol.2971 裸のラリーズ

2971裸のラリーズ


裸のラリーズ - 夜、暗殺者の夜
https://www.youtube.com/watch?v=3VCDVC1gQd4

名前だけ見て、「なんだ、毛皮のマリーズと同類か?」と
思ってはいけません。このバンドこそ、60年代から90年代にかけて
アンダーグラウンドでカルト的人気を博した、偉大なるサイケバンドなの
ですから。メンバーはフロントマンの水谷孝氏を中心に元村八分
山口冨士夫氏といったシーンの大物から、よど号事件で国際指名手配された
メンバーまで名を連ねるという他に無い独特のラインナップを揃え、
ライブでは轟音のノイズでヴォーカルがよく聞き取れないという
異形っぷりを発揮するなど、他の一般的なバンド活動からすると
その活動自体が異端ですね。さらには音源を残さないという不文律が
あるらしく、彼らの音を聴くにはその圧巻のライブを見ないといけないなど、
まさに神格化される下地がパーフェクトに揃っていたのだと思います。
それ故にわずかに残された音源もほぼライブ盤ですので、
聴いてその圧倒っぷりを味わってみてはいかがでしょうか。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Disaster Sources ”ENCYCLOPEDIA OF RALLIZES vol.2”Disaster Sources ”ENCYCLOPEDIA OF RALLIZES vol.2”
(2012/12/12)
裸のラリーズ

商品詳細を見る
web拍手 by FC2


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

タグ : 70sJapaneseRock Rock PsychedelicRock Psychedelic

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s Japanese  |  Top↑

2015.09.29 (Tue)

Vol.2964 頭脳警察 (2)

2964頭脳警察


頭脳警察 - 銃をとれ
https://www.youtube.com/watch?v=cbfDei_yuYI

過激な歌詞ばかりが取り上げられることが多い彼らですが、
70年代の安保闘争の最中という時代を考えれば、当時は
これくらいは普通だったのかもしれません。個人的には、
この早すぎたPost Punkサウンドに注目して欲しいですね。
ロックにパーカッションを取り入れた編成に、シンプルながらも
存在感のあるサウンド、それ故にパンタ氏の痛烈かつ文学的な
歌詞が鮮烈に光り輝いているのでしょう。当時という時代だから
現れた、異端児という言葉がピッタリです。

しかし今この現在も似たような状況だと思うのですが、
彼らのようなピリピリとした空気が無いのは何故でしょうか。
時代がまともになったからか、やってる人達に真剣さが無いからか、
主張が誤りだらけで説得力が無いからでしょうかね。

頭脳警察 (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
頭脳警察1頭脳警察1
(2012/3/28)
頭脳警察

商品詳細を見る

iTunes Store → 頭脳警察
web拍手 by FC2


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

タグ : 70sJapaneseRock Rock PostPunk ProtoPunk Rock'n'Roll FolkRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s Japanese  |  Top↑

2015.09.24 (Thu)

Vol.2959 村八分

2959村八分


村八分 - どうしようかな
https://www.youtube.com/watch?v=Y2g5bnHb5b0

色々な意味で、早すぎたバンドなのかもしれません。
1969年という時代に結成されながら、その音は日本産Punk Rock
呼ぶに相応しい出来。丁寧さなどに拘らないアグレッシブな楽曲に
直感的かつ生々しい歌詞が、まだ日本が成熟しきらない時代だからこそ
生まれたように思います。もう初期メンバーは一人も存命でないところ
からも、その歴史の古さと凄さが感じられるような気がしますね。
伝説的、そんな言葉がピッタリです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
ライブ+1ライブ+1
(2001/8/29)
村八分

商品詳細を見る
web拍手 by FC2


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

タグ : 70sJapanesePunk PunkRock Rock Rock'n'Roll ProtoPunk

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s Japanese  |  Top↑

2015.09.17 (Thu)

Vol.2952 三上寛

2952三上寛


三上寛 - 夢は夜ひらく
https://www.youtube.com/watch?v=4wTQlb5KUJU

70年代の高度成長時代の末期に生み出された、古い日本の暗部と
人間の狂気をフォークミュージックに乗せて世に放った問題児、
それが彼ですね。「怨歌」と呼ばれるそのサウンド、生々しい歌詞と
情念がこもりまくった彼の歌いっぷりを聴くと、恐怖というか寂しさというか、
何とも言えない感覚に襲われるんですね。彼が曲に乗せて全力で
リスナーにぶつけてくるこの情、生半可な気持ちだと飲み込まれてしまう
かもしれない、そんな恐ろしさに溢れています。万人にはとてもオススメ
できないですが、それに陶酔した人が多いこともうなづけます。
「おど」の怖さと言ったら・・・。


▼この曲はこの作品に収録されています。
ベスト・アルバムベスト・アルバム
(1994/5/21)
三上寛

商品詳細を見る

iTunes Store → 三上 寛
web拍手 by FC2


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

タグ : 70sJapanese Folk Acoustic

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s Japanese  |  Top↑

2015.09.13 (Sun)

Vol.2948 外道 (2)

2948外道


外道 - ビュンビュン
https://www.youtube.com/watch?v=Yu3zmtZ3ZPQ

そのバンド名も、そのスタイルも、そのライブパフォーマンスも、
その音楽性も桁違いに凄かった70sバンド、それが外道です。
とにかく現代にまで彼らに似たようなバンドが全く居ないという
ところから、その独自性がよく分かるでしょう。とはいえ音は
まさに王道そのものいったロックで、そのギャップも独自性に
拍車をかけているように思います。着物姿という和装スタイル
ながらもなぜか暴走族にウケていたようで、野外の会場では
爆音響かせた連中がそのままバイクで乗り付けたとか。
何ていうか70sバンドはダイナミックさが違いますね。

外道 (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
魂の叫び魂の叫び
(2013/11/6)
外道

商品詳細を見る

iTunes Store → 外道
web拍手 by FC2


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

タグ : 70sJapaneseRock ProtoPunk Rock Rock'n'Roll JapaneseRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s Japanese  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
アクセスランキング ブログパーツ