このblogについて

パンク・ハードコアランキング |  音楽系人気ブログランキングへ

このblogはPunkの虜になってしまった管理人が、自分のお勉強や知識の棚卸しも兼ねて、主にYouTubeの動画を交えながら淡々とバンドを紹介していくblogです。


◆TOPIC◆

  • 紹介バンド一覧』を更新しました。(2015/10/10)
  • 毎日更新を終了しました。(2015/10/06)

紹介バンド一覧 を
作ってみました。適宜更新していきます。
(Last Update : 2015/10/10)


↓過去記事をランダムで表示します。
埋もれた名バンドに出会えるかも!?



尊敬する方、三橋貴明さんのblogです。必読!


ソニーストア

2008.07.31 (Thu)

Vol.348 JASON AND THE SCORCHERS

348JasonAndTheScorchers


JASON & THE SCORCHERS - Absolutely Sweet Marie
http://jp.youtube.com/watch?v=p-cF40OWeak

Rockabillyを基本としながらも、カウボーイハットから分かる通りの
CountryやSouthern Rock、さらにはHard Rockも含めてかなり独特な
サウンドアプローチをしていたバンドです。こんな現代に息づく
Country×Punkな音、いわゆるCowPunkの始祖とも言われていますし、
その界隈じゃかなり有名な人達ですので、これを機に覚えておきましょう。


▼この曲はこの作品に収録されています。
The EMI YearsThe EMI Years
(2008/08/12)
Jason & the Scorchers

商品詳細を見る

iTunes Store → Jason & The Scorchers
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock CowPunk Rock'n'Roll Rockabilly

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.30 (Wed)

Vol.347 TEARDROPS

347Teardrops


♪TEARDROPS - 瞬間移動できたら
http://www.youtube.com/watch?v=DzTGOxatlDg

元村八分の山口冨士夫氏も在籍していた80sのロカビリーバンド。
とは言いつつもそんなに全面的にロカビリー色を出している訳でも
なさそうで、サックスやオルガンを絡めるなどRockを根底として
色々な要素を取り込んでいました。HILLBILLY BOPSとはまた違った、
渋さとカッコ良さで勝負したこういう音も良いですよね。

ちなみにこの時代にはもう一つTEARDROPS(正確にはTHE 5 TEARDROPS)
というバンドもいて、向こうの方はHILLBILLY BOPS系の音を出してます。


▼この曲はこの作品に収録されています。
らくガキ(紙ジャケット仕様)らくガキ(紙ジャケット仕様)
(2012/01/25)
TEARDROPS

商品詳細を見る

iTunes Store → Teardrops
web拍手 by FC2


タグ : 80sJapaneseRock Rock Rock'n'Roll

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.29 (Tue)

Vol.346 HILLBILLY BOPS

346HillbillyBops


HILLBILLY BOPS - ビシバシ純情!
http://www.youtube.com/watch?v=2yucUMohwxA

間違いなく日本のネオロカシーンを代表するバンドでしょう。
ある意味JPop的な要素が強いポップなメロディを持ちながらも、
揺るがないRockabillyに根ざした音楽性でミーハーから
古いロカビリーファンまで虜にしてしまい、当時は凄まじい人気を
誇っていたようです。この曲を聴けば、その良さやなぜ人気が出たかが
存分に分かるでしょうね。

しかし88年の全国ツアーの初日の翌日、ヴォーカルの宮城氏がなんと
飛び降り自殺。今でも原因は謎に包まれているそうです。当時はさぞかし
ショッキングだったんだろうなぁ…。本当に惜しまれます。RIP。


▼この曲はこの作品に収録されています。
ゴールデン☆ベスト ヒルビリー・バップスゴールデン☆ベスト ヒルビリー・バップス
(2006/03/01)
ヒルビリー・バップス

商品詳細を見る

iTunes Store → Hillbilly Bops
web拍手 by FC2


タグ : 80sJapaneseRock Rockabilly Rock'n'Roll

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.28 (Mon)

Vol.345 LES FORBANS

345LesForbans


LES FORBANS - Medley
http://jp.youtube.com/watch?v=98W0iicg6-0

いやあああこれは卑怯だあああああ。
こんな音出されたら踊るしかないじゃんか!
そんなフランス版Rocky Sharpe、フランス語の語感のせいで
破壊力は本家以上かも。彼らを気に入ったら、紹介できる動画は
無いですけどLES VAGABONDSもオススメです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
La Megacompil des ForbansLa Megacompil des Forbans
(1990/03/27)
Les Forbans

商品詳細を見る

iTunes Store → Les Forbans
web拍手 by FC2


タグ : 80sFrenchRock Rockabilly Rock'n'Roll DooWop PartyRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.27 (Sun)

Vol.344 ELVIS BROTHERS

344ElvisBrothers


ELVIS BROTHERS - Fire In The City
http://www.youtube.com/watch?v=oN55190P8WA

この時代に限らずなぜかRockabillyバンドは名前に猫 「Cats」を付け、
Psychobillyバンドは鼠「Rats」を付けることが多いのですが、彼らは
付いてません。そのせいか今までのバンド達よりお上品で貧弱そうな
見た目ながらも、音は聴いての通りの強烈なビート感を持った素晴らしい
Rockabillyサウンド!中身じゃ全く負けていないってことですよね。
カッコ良すぎです。

ちなみにメンバーはRob Elvis, Graham Elvis, Brad Elvisと全員Elvis姓。
お前らRAMONESかと。


▼この曲はこの作品に収録されています。
 Amazonでは音源を取り扱っていません(´・ω・`)

web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock Rockabilly NeoRoakcabilly Rock'n'Roll

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.26 (Sat)

Vol.343 ACE CATS

343AceCats


ACE CATS - Linda
http://www.youtube.com/watch?v=-GyprcqvUbU

ネオロカムーブメントは全世界的に起きたと最初に言いましたが、
彼らは映像を観れば分かる通りドイツのバンドです。
音はそれほどストレートなRockabillyではなく、女性メンバーによる
60sのDooWop、70sのR'n'R系のノリも取り入れた今までの集大成的な
感じを受ける、いわゆる「パーティ・ロカビリー」サウンドですね。
実はネオロカムーブメントはこういう系統のバンドの方が多いかも。
いやどっちも最高なんですけどね!


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Best of..The Best of..
()
Ace Cats

商品詳細を見る

iTunes Store → Ace Cats
web拍手 by FC2


タグ : 80sGermanRock Rockabilly NeoRockabilly Rock'n'Roll PartyRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.25 (Fri)

Vol.342 ROCKATS

342Rockats


ROCKATS - Make That Move
http://jp.youtube.com/watch?v=kqf_Csz4YHU

ここまでの3バンドが世間的(日本的)には3大ネオロカバンドという
ことらしく、それぞれに特色があるのですが、彼らは特にその特徴が
有りまくり。初期は普通のロカビリーを奏でるバンドだったのですが、
UK出身ながらもRockabillyの聖地に行きたいということで渡米、
つまりSTRAY CATSとは逆のパターンですね。そこで活動を続けるも
音楽性の違いからメンバーを大幅に入れ替え、バンドの方向性もここで
大きく変わり、聴いて分かる通りのRockabilly×New Wave全開な音作りに
なってしまいました。

しかしこれがバカウケ。特に日本人が好みそうな音ということもあり、
本国より日本で圧倒的な人気のようです。てか本国では全く知られて
いないかも…。


▼この曲はこの作品に収録されています。
メイク・ザット・ムーブメイク・ザット・ムーブ
(1991/08/21)
ザ・ロカッツ

商品詳細を見る

iTunes Store → The Rockats
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock Rockabilly NeoRoakcabilly Rock'n'Roll NewWave

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.24 (Thu)

Vol.341 POLECATS

341Polecats


POLECATS - Make a Circuit With Me
http://www.youtube.com/watch?v=Xo-4w9A6sVE

STRAY CATSと同様にDave Edmundsのプロデュースながらも、
向こうはUS出身、こっちはUK出身ということで妙な毛色の違いが
あったりします。彼らはどちらかというといわゆるUK的な音、
単純なアッパーにするだけではなくこの曲のようにどこか
湿り気のある泣きのメロディが入っていたりして、ネオロカの
懐の広さを教えてくれます。この2つのバンド、基本ですので
必ず抑えておきましょう。


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Best ofThe Best of
(2000/02/01)
Polecats

商品詳細を見る

iTunes Store → Polecats
web拍手 by FC2


タグ : 80sUKRock Rockabilly NeoRockabilly Rock'n'Roll

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.23 (Wed)

Vol.340 STRAY CATS

60s, 70sとロカビリーサウンドは古臭い音楽として全く見向きも
されなかったんですが、Punkブームが去った80年代初頭、
Punk通過後のセンスを持った人達による全世界的な50s Rockabillyの
再評価のムーヴメントが起きたんですね。日本ではNeo Rockabilly、
海外ではRockabilly Revivalと呼ばれているこの音楽的動向、
今日から観ていきたいと思います。


340StrayCats

STRAY CATS - Rock This Town
http://www.youtube.com/watch?v=tKr7z5MEEls

ネオロカの代表といえば間違いなく彼ら。
Brian Setzer,Lee Rocker,Slim Jim Phantomの黄金トリオによる
最強のバンドです。シンプルな50sビートに、これがネオロカ最大の
特徴であるアップライトで弾かれるウッドベースによるアップテンポな
リズム、時代を超えて素晴らしいとしか表現しようがありません。

ちなみに彼らはUS出身ですが、地元で受けなかったためUKに渡り
大成功したという経緯があります。プロデューサはDave Edmunds
彼のような素晴らしいRockプロデューサに出会えたことも
成功の要素だったことでしょうね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Stray CatsStray Cats
(1998/10/20)
Stray Cats

商品詳細を見る

iTunes Store → The Stray Cats
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock Rockabilly NeoRockabilly RockabillyRevival Rock'n'Roll

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Neo Rockabilly  |  Top↑

2008.07.22 (Tue)

Vol.339 GEORGIA SATELLITES

338GeorgiaSatellites


GEORGIA SATELLITES - Keep Your Hands To Yourself
http://www.youtube.com/watch?v=PdpAop7gp0w

時代に流されるどころか、逆に取り残されたような古臭いR'nRナンバーで
この80年代に殴りこみをかけたのが彼らです。そのあまりに泥臭いスタイルに
最初は注目されることも無かったようですが、60年代のSWINGIN' BLUE JEANSの
名曲「Hippy Hippy Shake」をカバーしたりするその揺るがない姿勢が徐々に
Oldiesファンの共感を呼び、次第に人気を得ていったようです。
こういうアティトゥードは時代を超えても愛されるんですよね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Georgia SatellitesGeorgia Satellites
(1987/06/15)
Georgia Satellites

商品詳細を見る

iTunes Store → The Georgia Satellites
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock Rock Rock'n'Roll OldiesRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Rock'n'Roll  |  Top↑

2008.07.21 (Mon)

Vol.338 DEXYS MIDNIGHT RUNNERS

337DexysMidnightRunners


DEXYS MIDNIGHT RUNNERS - Come On Eileen
http://www.youtube.com/watch?v=oc-P8oDuS0Q

日本でのみなぜか人気がある70s Punkバンド、KILLJOYSを
母体とするバンドです。彼らの特徴は、大人数により
繰り出される厚みのある古きよき60sの要素を核にしながらも、
時代を読んだNew Waveな要素を取り入れ、それを高い
バランスでミックスさせてしまっているところでしょうね。
よほどのセンスが無いと難しいでしょう。グゥレイトだぜ!!


▼この曲はこの作品に収録されています。
Too-Rye-AyToo-Rye-Ay
(2002/02/05)
Dexys Midnight Runners

商品詳細を見る

iTunes Store → Dexy's Midnight Runners
web拍手 by FC2


タグ : 80sUKRock NewWave Rock Pops

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Rock'n'Roll  |  Top↑

2008.07.20 (Sun)

Vol.337 NICK LOWE

336NickLowe


NICK LOWE - Cruel To Be Kind
http://www.youtube.com/watch?v=b0l3QWUXVho

70年代のBRINSLEY SCHWARZ時代からUK裏Rock界を支える大名人。
80年代はこのソロ活動の他にもDave EdmundsとやっていたROCKPILE、
そしてStiff RecordsのプロデューサとしてコステロDAMNED
PRETENDERSを排出したりと、その功績と現在までのこの系統のシーンに
与えた影響は計り知れません。まさに「先生」と呼ぶに相応しい人物ですね。
マジでこういう歳のとりかたしたいわぁ。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Basher: The Best of Nick LoweBasher: The Best of Nick Lowe
(1989/09/20)
Nick Lowe

商品詳細を見る

iTunes Store → Nick Lowe
web拍手 by FC2


タグ : 80sUKRock Rock PowerPop PopRock Rock'n'Roll

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Rock'n'Roll  |  Top↑

2008.07.19 (Sat)

Vol.336 SMITHEREENS

335Smithereens


SMITHEREENS - A Girl Like You
http://www.youtube.com/watch?v=5LwjD8z2mOg

80年代中期の頃は、今まで紹介してきたPowerPop~GuitarPopバンドと
比べても遜色ない良質な曲を提供してくれていたのですが、80年代末期に
なるとこんな感じのHRめいた曲調になってしまったという、非常に残念な
バンドです。もしこれから彼らを買おうとしている人は、初期の頃からのを
買っていってくださいね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
1111
(1989/10/05)
The Smithereens

商品詳細を見る

iTunes Store → Smithereens
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock NewWave HardRock Rock PowerPop

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.18 (Fri)

Vol.335 LA's

339Las


LA's - There She Goes
http://www.youtube.com/watch?v=xX9TDQcCyVE

ちょっと紹介するタイミングがズレましたが、80s UKの
Neo Acousticシーンの集大成は間違いなく彼らだと思います。
シンプルなアコースティックサウンドと、それだけに頼り過ぎない
厚めのベースラインとドラミング、そして泣きのヴォーカル…、
いやはや、これこそネオアコの魅力が詰まった最高の音だと思います。
たった一枚のスタジオアルバムを残しただけで解散してしまいましたが、
最近再結成してサマソニにも来てるくらいなんで、精力的に新作を
作って欲しいなぁ。もちろんこの路線でね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
La'sLa's
(2001/01/29)
La's

商品詳細を見る

iTunes Store → The La's
web拍手 by FC2


タグ : 80sUKRock Acoustic NeoAcoustic GuitarPop IndieRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.17 (Thu)

Vol.334 MIDNIGHT OIL

334MidnightOil


MIDNIGHT OIL - Beds Are Burning
http://www.youtube.com/watch?v=ejorQVy3m8E

オーストラリアの80s Rockシーンを代表するバンドですね。
音的に面白いかというと全くそうでなかったりもしますが、
アボリジニの保護や環境保護を訴えたりと、政治的・社会的な
メッセージが多いのが彼らの特徴です。

そんな活動スタイルだった彼らですが、ヴォーカルのPeter Garrett、
それだけじゃ飽き足らなかったのか、今ではオーストラリアの環境相
だったりします。まぁこの前は鯨の保護を訴えておきながら、
カンガルーを惨殺する政策を取ったりしてて批判されてましたが。
ダブルスタンダードですよね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
20,000 Watt R.S.L.: Greatest Hits20,000 Watt R.S.L.: Greatest Hits
(2003/11/25)
Midnight Oil

商品詳細を見る

iTunes Store → Midnight Oil
web拍手 by FC2


タグ : 80sAusieRock Rock HardRock NewWave

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2008.07.16 (Wed)

Vol.333 TWISTED SISTER

333TwistedSister


TWISTED SISTER - We're Not Gonna Take It
http://www.youtube.com/watch?v=4xmckWVPRaI

全くPunkとは縁が無い人達だと思いますが、この最強の一発ソングの
素晴らしさとPVで個人的に虜になってしまいました。これは現代の
Punks達も同じようで、知っている限りではNO USE FOR A NAME,
TOTAL CHAOS,DONOTS,そしてSUZY & LOS QUATTROまでカバーしてたり
します。悪いことは言わない、一枚持っとき。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Stay HungryStay Hungry
(2000/03/13)
Twisted Sister

商品詳細を見る

iTunes Store → Twisted Sister
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock HardRock Rock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2008.07.15 (Tue)

Vol.332 HANOI ROCKS

332HanoiRocks


HANOI ROCKS - Tragedy
http://youtube.com/watch?v=aM4BqmRA9WM

80年代初頭に輝いていたフィンランドの天才達。
どうです、この小気味よいポップなナンバー。見た目は完全に
Glam~HR寄りですが、その音には完璧な初期Punkの臭いを感じる
ことができると思います。これ故にPunk畑にも非常にファンが多い
バンドでもありますね。そのため不慮の事故での解散が本当に悔やまれます。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Bangkok Shocks, Saigon Shakes, Hanoi RocksBangkok Shocks, Saigon Shakes, Hanoi Rocks
(2001/05/08)
Hanoi Rocks

商品詳細を見る

iTunes Store → Hanoi Rocks
web拍手 by FC2


タグ : 80sFinnishRock GlamRock Rock HardRock PunkRock FinnishRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2008.07.14 (Mon)

Vol.331 MILKSHAKES

331Milkshakes


MILKSHAKES - Jack The Ripper
http://youtube.com/watch?v=UetyxWWsyxE

みんな大好きGarageの首領ことBilly Childish、彼の80年代前半の
キャリアがこのMILKSHAKESです。恐らくこの時代のUKにGarageバンド
なんて一つも無かったんじゃないでしょうか。その中でも灯を消すこと
なくGarageの魂を伝えた功績は、本当に称えるべきだと思いますね。

うーんGreat!


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Genius of Billy Childish: With Thee Milkshakes & Thee HeadcoatsThe Genius of Billy Childish: With Thee Milkshakes & Thee Headcoats
(2005/01/04)
Billy Childish

商品詳細を見る

iTunes Store → The Milkshakes
web拍手 by FC2


タグ : 80sUKRock Garage GarageRock SurfRock Rock'n'Roll BillyChildish

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2008.07.13 (Sun)

Vol.330 CHESTERFIELD KINGS

330ChesterfieldKing


CHESTERFIELD KINGS - 5 Years Ahead of My Time
http://youtube.com/watch?v=f0fPY1dU9jo

前回のFUZZTONESがスピード系だとすると、彼らはミドルテンポの
ガレージを得意とするバンドですね。あとこの時期のGarageバンドの
特徴としては、見た目にサイケだかグラムだかハードロックの
影響が強いのも特徴です。Punkというよりはそちらとの結びつきが
強い時期かもしれませんね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Where the Action IsWhere the Action Is
(1999/05/11)
Chesterfield Kings

商品詳細を見る

iTunes Store → The Chesterfield Kings
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock Garage GarageRock Rock'n'Roll

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2008.07.12 (Sat)

Vol.329 FUZZTONES

329Fuzztones


FUZZTONES - The Witch
http://www.youtube.com/watch?v=sNFgr5WYLJ4

80年代のGarageシーンははっきりいって下火だったんですが、
それだけに活動していたバンドは今でも語り継がれるような
密度が濃い奴らが多かったわけです。彼らは名前通りのFuzzが
利いたノイジーなサウンドに、オルガンをふんだんに採り入れる
新しいセンス、そしてSONICSのカバーからも分かる通りの
熱き60sへの敬愛魂、最高です!


▼この曲はこの作品に収録されています。
E Boom: The Sonics TributeE Boom: The Sonics Tribute
(2007/03/19)
The Fuzztones

商品詳細を見る

iTunes Store → Fuzztones
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock Garage GarageRock Rock'n'Roll

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2008.07.11 (Fri)

Vol.328 GREEN ON RED

328GreenOnRed


GREEN ON RED - Two Lovers / Change
http://youtube.com/watch?v=7XsX1HE6rng

Paisley Undergroundの中でも異質なCountry Rockを生業とする
バンド。この系統は今でもCowPunkとして一部マニアの間で
語り継がれていますね。たまには変わった落ち着いたサウンドが
聴きたい、ってときには是非思い出してみてください。


▼この曲はこの作品に収録されています。
ScapegoatsScapegoats
(1993/06/04)
Green on Red

商品詳細を見る

iTunes Store → Green On Red
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock Country CountryRock Rock Rock'n'Roll IndieRock PaisleyUnderground

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.10 (Thu)

Vol.327 GAME THEORY

327GameTheory


GAME THEORY - Erica's Word
http://www.youtube.com/watch?v=oJ2Cdw8THX8

Paisley Undergroundの中でも非常にPowerPop色が強いバンド
なのですが、彼らを初めて聴いたときは「こりゃ久々に大当たりだ!」
と強く思ったものです。歴代の重鎮バンドと比較しても遜色ない
ポップセンス、余計な装飾が無いシンプルなギターワーク、
でも一服のエッセンスとして絡んでくることもあるキーボード、
そして満点のコーラス…、完璧ですよ。こんなバンドが埋もれてる
など勿体無さすぎ!


▼この曲はこの作品に収録されています。
Big Shot ChroniclesBig Shot Chronicles
(1993/08/02)
Game Theory

商品詳細を見る

iTunes Store → Game Theory
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock GuitarPop Acoustic IndieRock PaisleyUnderground

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.09 (Wed)

Vol.326 LONG RYDERS

326LongRyders


LONG RYDERS - Looking for Lewis and Clark
http://youtube.com/watch?v=0saf-DKQoM8

Paisley Undergroundってシーンがあったのはご存知ですか?
以前紹介したTHREE O'CLOCKのMichael Quercioが
VELVET UNDERGROUNDをなぞらえて命名した、80年代のLAで
活動していた多くのGuitar Popバンドをまとめた言葉です。
そのTHREE O'CLOCKを中心に非常に質の高いバンドが多くいた
シーンであり、彼らもその中の一つです。どうですか、
この70年代と80年代のPower Popシーンを繋ぐようなこの音、
日本じゃ非常に知名度が低いので、これを機にぜひチェックして
みてください。


▼この曲はこの作品に収録されています。
AnthologyAnthology
(1998/07/21)
The Long Ryders

商品詳細を見る

iTunes Store → The Long Ryders
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock GuitarPop IndieRock Rock PaisleyUnderground

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.08 (Tue)

Vol.325 KNACK

325Knack


KNACK - My Sharona
http://www.youtube.com/watch?v=78hagv86L3c

この曲があまりにも有名過ぎるおかげで一発屋のイメージが拭えない
彼らですが、その60s~70sのRockをPunk通過後のセンスでアレンジ
したようなポップでドライヴィンなサウンドは、もっと評価されても
いいんじゃないかと思います。これ以外にも良い曲多いですよ。要再評価!

ちなみにエドはるみのあの曲はこれですね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Get the KnackGet the Knack
(2002/05/07)
Knack

商品詳細を見る

iTunes Store → The Knack
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock Rock GuitarRock GuitarPop

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.07 (Mon)

Vol.324 REDD KROSS

324ReddKross


REDD KROSS - Ballad of a Lovedoll
http://www.youtube.com/watch?v=XCH_oeDxRzQ

彼らはPunk畑でも有名ですね。なんていったって最初のライブは
あのBLACK FLAGの前座、あとはBAD RELIGIONCIRCLE JERKS
いったLA周辺のバンドとも非常に親交が深かった訳ですから。
そんな彼らの初期はギターが前面に出たグランジの臭いまで感じさせる
ようなPunkだったのですが、中期にはこんなグラム風味なスタイルになり、
90年代ではさらに丸くなりギターポップに納まりました。
元々センスが良いんでしょうね。どれもGoodです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
NeuroticaNeurotica
(2002/11/05)
Redd Kross

商品詳細を見る

iTunes Store → Redd Kross
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSPunk GuitarPop GlamRock Grunge IndieRock PunkRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.06 (Sun)

Vol.323 R.E.M.

323REM


R.E.M. - Losing My Religion
http://www.youtube.com/watch?v=if-UzXIQ5vw

彼らも一応この周辺から生まれたバンドですね。ただ他のこの周辺の
バンドでは到底手の届かない、圧倒的な評価をされてますが…。
Punkをしっかりと消化した後で生み出された心地良いリズムと
耳に優しいサウンドは、New WaveやHard Rockが支配していたシーンに
確実に新たな風を吹き込んだことでしょうね。メッセージ性も強いですし、
Punksなら無視せずに聴いておかないといけないバンドです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Best of R.E.M. 1988-2003The Best of R.E.M. 1988-2003
(2003/10/27)
REM

商品詳細を見る

iTunes Store → R.E.M.
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock GuitarPop Acoustic IndieRock Rock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.05 (Sat)

Vol.322 THREE O'CLOCK

322ThreeOClock


THREE O'CLOCK - I Go Wild
http://www.youtube.com/watch?v=p9bABfFd4YU

いわゆるネオアコバンドは音的にあまりPunkの洗礼を受けていない
のに対し、前回のdB'sや彼らのようなギターポップバンドはしっかりと
Punkムーブメントを通過しているのが大きな違いだと思います。
(dB'sはNY Punkに傾倒していたようですし)
厚めのギターサウンドにしっかりとしたビート感、そしてこれこそ
ギターポップの醍醐味である爽やかなメロディに甘いコーラス、
本当に最高の組み合わせですね。特にこの辺はネオアコに比べ
知名度が無いので、再評価されて欲しいシーンでもあります。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Sixteen Tambourines/Baroque HoedownSixteen Tambourines/Baroque Hoedown
(1993/09/06)
The Three O'Clock

商品詳細を見る

iTunes Store → The Three O'Clock
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock GuitarPop IndieRock PaisleyUnderground

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.04 (Fri)

Vol.321 dB's

321dBs


dB's - Amplifier
http://youtube.com/watch?v=IKEqGcES4Xw

ギターポップとネオアコの違いってエレギかアコギの違いかなぁ
と思ってますが、なんか明確に定義の違いってあるんですかね?
他にはUKはネオアコが多くUSはギターポップが多い気もしますが、
そんな意味では彼らはギターポップということになります。
まぁ飛びぬけたところは無いけど、どの曲も良質のポップセンスが
如何なく発揮された穴の無い音というイメージが強いですね。
ギターポップのテンプレートのようなバンドです。

ちなみに読み方は「デシベルス」。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Stands for Decibels/RepercussionStands for Decibels/Repercussion
(2002/01/08)
The dB's

商品詳細を見る

iTunes Store → The dB's
web拍手 by FC2


タグ : 80sUSRock GuitarPop IndieRock PopRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.03 (Thu)

Vol.320 HOUSEMARTINS

320Housemartins


HOUSEMARTINS - Me and The Farmer
http://youtube.com/watch?v=KLOyF50wlBU

個人的にTHE SMITHSと彼らを聴いたことない人は人生損していると
思ってます。それくらい超大好きで絶素晴らしいバンドですね。
見た目がダサい?そんなのこの世界最高のポップソングが軽く
吹っ飛ばしてくれますよ!ある意味麻薬レベルの常習性を
持ってるかもしれない音かも。

ちなみにベーシストはNorman Cook、後のFAT BOY SLIMです。
まぁ興味ありませんけどw


▼この曲はこの作品に収録されています。
Now That's What I Call Quite GoodNow That's What I Call Quite Good
(1998/06/30)
The Housemartins

商品詳細を見る

iTunes Store → The Housemartins
web拍手 by FC2


タグ : 80sUKRock GuitarPop NeoAcoustic PopRock IndieRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2008.07.02 (Wed)

Vol.319 SMITHS

319Smiths


SMITHS - Panic
http://youtube.com/watch?v=9AlH2oYedfk

うーん素晴らしい。清潔感溢れるサウンドに透明感溢れるヴォーカル、
そしてこの80年代において全くNew Waveを感じさせないシンプルな
バンドサウンド。音もそのスタイルも含めて本当にカッコ良いです。
正直言うと前述の2バンドより圧倒的に彼らの方が好きですね。

本国イギリスでもその影響下にあるバンドやリスナーがたくさん居るのに、
日本じゃなぜか人気ないんだよねぇ。感覚が違うのかな?


▼この曲はこの作品に収録されています。
SinglesSingles
(1995/05/23)
The Smiths

商品詳細を見る

iTunes Store → The Smiths
web拍手 by FC2


タグ : 80sUKRock GuitarPop NeoAcoustic Rock IndieRock

音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
アクセスランキング ブログパーツ