このblogについて

パンク・ハードコアランキング |  音楽系人気ブログランキングへ

このblogはPunkの虜になってしまった管理人が、自分のお勉強や知識の棚卸しも兼ねて、主にYouTubeの動画を交えながら淡々とバンドを紹介していくblogです。


◆TOPIC◆

  • 紹介バンド一覧』を更新しました。(2015/10/10)
  • 毎日更新を終了しました。(2015/10/06)

紹介バンド一覧 を
作ってみました。適宜更新していきます。
(Last Update : 2015/10/10)


↓過去記事をランダムで表示します。
埋もれた名バンドに出会えるかも!?



尊敬する方、三橋貴明さんのblogです。必読!


ソニーストア

2011.03.31 (Thu)

Vol.1321 GUTTERSNIPES

1321Guttersnipes


GUTTERSNIPES - Addicted To Love
http://www.youtube.com/watch?v=ycV3YEcK5kw

GUTTERSNIPEはスウェーデンのOi!バンド、
それが複数形になっただけで、UKのバンドに
変わります。そんな彼ら、実はあまり詳細を
知らなかったりするんですが、ちょっと調べる
限りだと複数形が無い方と同じOi! Punkとして
扱われてるんですよね。Oi、ちょっと待てと。
どう聴いてもこのサウンドはMod?Pop Punk
ですよね?Oi!のスタンスながらこんな音を
出していたのであれば、個人的には
COCK SPARRER並の衝撃なんですが。
誰か詳しく知っている人が居ましたら、教えて下さいw


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Poor Dress UpThe Poor Dress Up
(2000/11/20)
Guttersnipes

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s UK Oi! Punk  |  Top↑

2011.03.30 (Wed)

Vol.1320 GUTTERSNIPE

1320Guttersnipe


GUTTERSNIPE - Riot In The City
http://www.youtube.com/watch?v=H73KQkHpQmI

見た目バリバリSkins、音もバリバリOi! な
スウェーデンのPunkバンドです。ビート感がある音に
若干舌足らずなヴォーカルが上手く絡み合って、
独特の味が出ているところが長所ですかね。
音のレベル自体はその辺の有名バンドにも劣らない
ものを出していたのではないかと思います。

そんな彼らが精力的に活動していた90年代後半の
この時期は、OXYMORONのように全世界的にこういう
系統のバンドが(表に)出てきていて、ちょっとした流行を
作っていたように思います。僕が彼らを知ったのは、
そんな頃に作られたコンピ"Spirit of The Streets"でした。
良い作品だったなぁ。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Never Surrender Never Give inNever Surrender Never Give in
(2003/04/07)
Guttersnipe

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s US Street Punk  |  Top↑

2011.03.29 (Tue)

Vol.1319 GUTTERMOUTH

1319Guttermouth


GUTTERMOUTH - Scholarship In Punk
http://www.youtube.com/watch?v=qaXPKC-mM_k

まさか彼らを聴かずしてParty Punkの云々を
語っている人は居ないでしょう。個人的には
90年代を代表するバンドと言っても過言では
ないと思う、とても素晴らしいバンドです。
何をそこまで誉めるのかというと、そのセンスの
高さですかね。あらゆる音楽を貪欲に飲み込み、
それを完全に自分達の味付けで自分達の音に
してしまう。しかしながらそこに揺るぐことがない
Party Punkの愉快さを必ず盛り込める、こんな
芸当をこなせるバンドは他に見たことがありません。
あえて言えばVANDALS、そのくらいの領域にいる
バンドだと思います。OFFSPRINGのDexter兄貴が
彼らのためにNitro Recordsを立ち上げたという
噂は伊達じゃないんですよ!テリ・ヤキモトで
引いてる場合じゃないんですよ!


▼この曲はこの作品に収録されています。
GustoGusto
(2002/08/20)
Guttermouth

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s US Melodic Punk (Nitro)  |  Top↑

2011.03.28 (Mon)

Vol.1318 GUSTER

1318Guster


GUSTER - Amsterdam
http://www.youtube.com/watch?v=W0TQVbiWeEs

あまり有名ではないかもしれませんが、
この動画がワーナーになっているように
アメリカではかなり有名なバンドです。
その音はこんな感じのPower Popっぽい
オルタナサウンド。最近の奴らにありがちな
気取ったところなどは無く、自分達で楽しみ
ながらやってるという雰囲気が感じられて
非常に良いですね。こういう音だと聴いている
方もウキウキ楽しくなってくるというもんですよ!
知らなかったのであれば是非ともオススメしたい
良質バンドです。

最近こういうスタンスのバンドが少なくなっている
ように感じるなぁ・・・。昔はいっぱい居たのに・・・。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Keep It TogetherKeep It Together
(2003/06/23)
Guster

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s Power Pop  |  Top↑

2011.03.27 (Sun)

Vol.1317 GUNS 'N' WANKERS (2)

1317GunsnWankers


GUNS 'N' WANKERS - Sunstroke
http://www.youtube.com/watch?v=NRY6bx031wE

以前も紹介しましたね。90年代半ばSNUFF
半解散状態だったときに、Vo.のDuncanがやって
いたサイドバンドです。しかしサイドバンドとは
言いながらも、そのクオリティは本家に負けず
劣らず、疾走感に哀愁たっぷりのUK Melodicを
乗せて僕らの心をズキュンズキュン打ち抜いて
いきましたね。その一瞬の輝きながらも、ホント
どえらい物を残していってくれましたよ。

ちなみにメンバーにはWILDHEARTSの人も
いるそうで。この素晴らしいメロディック感は
そこからも来ていたのかもしれませんね。

GUNS 'N' WANKERS (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Guns \'n\' WankersGuns \'n\' Wankers
(1994/10/17)
Guns \'N\' Wankers

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80/90s UK Melodic  |  Top↑

2011.03.26 (Sat)

Vol.1316 GUNMOLL

1316Gunmoll


GUNMOLL - Point
http://www.youtube.com/watch?v=VNbQfkJ2HAw

No Idea Recordsはレーベル買いしても良い
くらい良質のバンドが揃っていましたが、
やはりその中でピカ一だったのが、HWMの
ような激渋メロディック系のバンドでした。
彼らもその精鋭の中の一つで、まさに
"漢の哀愁Melodic"という表現がピッタリの
このサウンド、今までの人生で何を悟った
んですか?と思わず聞きたくなるレベルです。
まぁこういうのだけではなく疾走感のある曲も
もちろんやっていて、この系統が好きな人は
小躍りしそうなほど抜けが無いところもGood。
男も齢30を超えたらこういう音を聴きたいですね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Gunmoll/Fifth Hour HeroGunmoll/Fifth Hour Hero
(2004/01/06)
Gunmoll、Fifth Hour Hero 他

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00/10s Emotional Melodic  |  Top↑

2011.03.25 (Fri)

Vol.1315 GUNDOG

1315Gundog


GUNDOG - Our July
http://www.youtube.com/watch?v=PPaPOWS5cQU

このバンドは90年代のOi! Punkの中では、
個人的に一番オススメかもしれません。
こりゃ強面が歌ってるんだろーなーという感じの
強烈シャガレ声ながらも、BUSINESSにも負けない
ポップなメロディをふんだんに持っており、さらに
芯の太いベースラインのおかげで非常にビート感
溢れる独特のリズミカルな楽曲に仕上がっていて、
とても聴き応えがあるんですよね。有ったようで
実は無かったこの素晴らしいサウンド、これまた
知名度が無いのは本当に勿体ないですね。
Oi! Punkを極めるのであれば、ぜひ聴きましょう。

ちなみにこの女性ヴォーカルはオプションです。
本体には含まれておりません。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Dog\'s Eye ViewDog\'s Eye View
(2003/04/07)
Gundog

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s US Street Punk  |  Top↑

2011.03.24 (Thu)

Vol.1314 GUN CLUB

1314GunClub


GUN CLUB - Sex Beat
http://www.youtube.com/watch?v=LXiAMfjybx4

WikipediaだとPunk Bluesというジャンルで
扱われている、80年代のバンドです。
全く聞いたことのないジャンルだと思うかも
しれませんが、確かにその通り、同じく
Wikipediaの説明だとほぼ彼らしか居ない
ようですw まぁその音自体はSTOOGES
MC5といった、荒々しいGarage風味の
Proto Punkを正統に受け継いだような音。
それはこの映像を観れば納得のことでしょう。
他に志向するバンドが現れず一子相伝の
ようになってしまいましたが、この熱い魂、
現代でもしっかり評価してあげましょう。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Fire of LoveFire of Love
(2001/04/23)
Gun Club

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2011.03.23 (Wed)

Vol.1313 GUFF

1313Guff


GUFF - When Will You Break
http://www.youtube.com/watch?v=RECjoKWrkr4

さぁ奥さんまた出ましたよ!「俺はこのバンドの
ためにこのブログをやってきた」の登場です!
彼らは猛者がひしめいていたGo-Kart Recordsの
中でもトップレベルのサウンドを出していたと思う
バンドで、王道とも言えるタイトなMelodic Punkの
中にセンスを感じさせるシンプルかつ弾けるような
Pop Punkの要素も持ちながらも、どこかStreet
Punk的な激しさもあったりして・・・

あぁもうめんどくさい!この曲聴いて感じてください!
そして何で彼らが埋もれているのか不思議がって
ください!本当に素晴らしいバンドですよ!


▼この曲はこの作品に収録されています。
Engine TroubleEngine Trouble
(2003/08/12)
Guff

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s US Melodic Punk (Others)  |  Top↑

2011.03.22 (Tue)

Vol.1312 GUANA BATZ (2)

1312GuanaBats


GUANA BATZ - I'm On Fire
http://www.youtube.com/watch?v=Per0_qbid2s

一瞬、全裸か?と思ってしまう格好のサイコビリー
バンド、それが彼らです。そんなTシャツ短パン
アロハシャツで歌う彼らを観て、これがサイコビリーか?
と違和感を覚えましたでしょうか?血みどろモンスターが
このジャンルのデフォルトだと思っていたあなた、
実は創世記はそうではなかったんですよ。元々Punkと
Rockabillyが融合した音楽を広く"サイコビリー"と呼んで
いたようで、シーンの開拓者があのCRAMPS

・・・そりゃあのおどろおどろしい格好が広まる訳だw

GUANA BATS (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Very Best of the Guana BatzThe Very Best of the Guana Batz
(2001/11/06)
Guana Batz

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Psychobilly  |  Top↑

2011.03.21 (Mon)

Vol.1311 GROVER KENT

1311GroverKent


GROVER KENT - You Are Freaking Me Out
http://www.youtube.com/watch?v=6KVO39cc--E

動画観て分かる通り、いい歳した
オッサン4人組がやっていたバンドですね。
Ramone Punk直球という最近だとあまり見なく
なったサウンドスタイルで、2000年代を地道に
駆け抜けていったようです。どれくらい地道かと
いうと、Last.fmでもリスナーが100人くらい。
うーむ、その見た目といい、何か応援してあげたく
なるタイプですね。という訳でこれを見たら、
是非聴いてあげてください。

と言いつつあんまり音源扱ってるところが
ないんだよね…。もう解散してるっぽいし…。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Amazonでは音源を取り扱っていません(´・ω・`)
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s Pop Punk (Ramone Style)  |  Top↑

2011.03.20 (Sun)

Vol.1310 GROOVIE GHOULIES (2)

1310GroovieGhoulies


GROOVIE GHOULIES - Til Death Do Us Party
http://www.youtube.com/watch?v=l6B226c8itg

これはRamone Punkを演奏っていた頃、彼らのいわゆる
後期の音ですね。その長ーい活動の中でメンバーは
たくさん変わりましたが、彼らの凄いところは女の子が
メンバーに居ながらそれを感じさせないところ。
ある意味最大の特徴である部分をあえて出さずに
勝負する、そんな心意気を感じずにはいられません。
まぁ実際に彼らにそんな思いがあったかどうかは
分からないんですけどねw

ともかくQUEERSと並び称されても良いその活動の軌跡、
ぜひとも聴いてあげてください。

GROOVIE GHOULIES (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Go StoriesGo Stories
(2005/05/31)
Groovie Ghoulies

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s Pop Punk (Ramone Style)  |  Top↑

2011.03.19 (Sat)

Vol.1309 GRIMSKUNK

1309Grimskunk


GRIMSKUNK - Gros Tas d'Marde
http://www.youtube.com/watch?v=qlUaabcQKi8

今まで数多くのバンドを聴いてきましたが、
彼らのようなサウンドは他に類を見なかった
ように思います。その音はPunkをワールド
ミュージックで味付けし、それをプログレ風に
進化させたという表現がピッタリでしょう。
こんな音は他には知りません。

しかし彼らにはさらに凄い特徴が。それは何と
歌詞が一ヶ国語ではないところ!英語は
もちろん、知られているだけではフランス語、
スペイン語、ギリシャ語にアラビア語で歌って
いる曲まであるそうですからね。こんだけネタが
豊富な人達もそうそういないでしょう。ぜひとも
知って欲しい類のバンドです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
FieldtripFieldtrip
(2007/01/01)
Grimskunk

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Irish/Folk/World Punk  |  Top↑

2011.03.18 (Fri)

Vol.1308 GRIMPLE

1308Grimple


GRIMPLE - Vivisick
http://www.youtube.com/watch?v=PBb7-bUQm94

ハイスピードで突っ切るサウンド、これこそが
Punkの醍醐味だとしたら、このバンドはPunkの
代表格と呼べるかもしれません。とにかく突っ走る
音に吐き捨てるかのようなヴォーカル、こう言うと
とても聴くに耐えられない物を想像するかも
しれませんが、そこはこの曲を聴いて欲しい。
まるで90年代のメロコアのようなメロディを
持っており、その裏側に高いセンスがあったこと
を感じさせてくれます。これは結構凄い内容だと
思いますよ。いまだにファンが多いのも納得です。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Up Your AssUp Your Ass
(2002/11/19)
Grimple

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s US Street Punk  |  Top↑

2011.03.17 (Thu)

Vol.1307 GREYAREA

1307Greyarea


GREYAREA - Colossus
http://www.youtube.com/watch?v=Z_AIW7NdQNw

たびたび出てくる「俺はこのバンドを紹介する
ためにこのブログをやってたんだ」的な表現、
このバンドもそんな中の一つです。てか彼らと
GAMITSが真打ちと言っても過言ではありません。
まぁ個人的にはこのアルバムの音より
これの前作のs/tの音が大好きで、神作品と
呼んでも差し支えないとまで思っています。
こんな素晴らしい音を埋もれさせてはいけない、
それがこのブログのモチベーションの一つです。

なおヴォーカルは後期?BTJのErnie Parada、
この系統はホント良い声を出すぜ・・・。


▼この作品は神作品です。
Greyarea [Import CD from US]Greyarea [Import CD from US]
(1998/10/27)
Greyarea

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s US Old School HxC  |  Top↑

2011.03.16 (Wed)

Vol.1306 GREG GRAFFIN

1306GregGraffin


GREG GRAFFIN - Sorrow
http://www.youtube.com/watch?v=PR_P-vpNOuY

説明不要のBAD RELIGIONのフロントマン
ですが、ソロ作品ではPunkから離れアコギ
片手にアコースティックな音を聴かせてくれて
います。こんな感じでPunkの有名メンバーが
ソロ作品を出した場合、元の音からだいぶ
離れた音を演奏する傾向がありますよね。
確かに元のバンドと同じ音をやられても
何の面白みもない訳で、そういう違った面を
楽しめるのがソロ活動ならではの醍醐味でしょう。
ここ数年ではTim Armstrongとかがそうですね。

とはいえ、個人的にはChad Priceだけはとても
残念です。だってGregはPunkに戻れますが、
Chadはその魂を無くしてしまったみたいですので。


▼この曲はこの作品に収録されていません。
Cold As the ClayCold As the Clay
(2006/07/11)
Greg Graffin

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Acoustic  |  Top↑

2011.03.15 (Tue)

Vol.1305 GREEN RIVER (2)

1305GreenRiver


GREEN RIVER - Swallow My Pride
http://www.youtube.com/watch?v=GuK9hBGGyDg

前も紹介しましたね。MUDHONEYの前身です。
その音はまさに早すぎたグランジ、適度なダルさ
加減や音楽として若干未完成に感じる部分など、
先鋭的な雰囲気をプンプン醸し出していますね。
その音のルーツを辿ろうとすると出てくるのが
Iggy Pop、そうグランジも立派にPunkシーンから
生まれているんですよ。

GREEN RIVER (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Dry As a Bone/RehabDry As a Bone/Rehab
(1990/09/13)
Green River

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80/90s Grunge  |  Top↑

2011.03.14 (Mon)

Vol.1304 GREEN PAJAMAS

1304GreenPajamas


GREEN PAJAMAS - Kim The Waitress
http://www.youtube.com/watch?v=fw0wM1a5dCY

彼らも昨日のGREEN ON REDと同じ、
Paisley Undergroundから生まれたバンドです。
その音は本シーンの中核とも呼ぶべき、
ちょっとサイケな雰囲気を持ったギターポップ
って感じの音。やたらと曲が長いところなんて
特にそうですね。まぁ紹介しといてなんですが、
個人的にはこのシーンに思い入れが無ければ、
特に無理して聴く必要はないかなぁと思います。
とはいえ長い人生、こういう音もまた違った
刺激があって良いですよ。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Indian WinterIndian Winter
(2000/07/22)
Green Pajamas

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Gothic/Neo Psychedelic  |  Top↑

2011.03.13 (Sun)

Vol.1303 GREEN ON RED (2)

1303GreenOnRed


♪GREEN ON RED - Time Ain't Nothing
http://www.youtube.com/watch?v=DE7JLpDkzc8

New Wave全盛の80年代に結成されたにも
関わらず、目指した方向はなぜかカントリーロック。
しかもそのサウンドはサイケな雰囲気を持っており、
決してアメリカの草原を思い起こさせることは
ありませんでした。そんなひねくれたスタイルの彼ら、
知名度は低くても後のオルタナカントリー勢に与えた
影響を考えれば、その凄さはよく分かるってもんですね。
未だロック史にちゃんと表立って出たことが無いこの
シーンですが、いつか陽の目を見る日が・・・来るかなぁw

GREEN ON RED (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Best of Green on RedThe Best of Green on Red
(1991/09/01)
Green On Red

商品詳細を見る

iTunesでの購入はこちら→ Green On Red
レンタルはこちら→      
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Guitar Pop/Neo Acoustic  |  Top↑

2011.03.12 (Sat)

Vol.1302 GREEN DAY (3)

1302GreenDay


GREEN DAY - Stuck With Me
http://www.youtube.com/watch?v=fevGo3H5840

彼らで一番好きなアルバムはどれですか?
僕は "Insomniac" なんですよねー。
このアルバムは勢いと攻撃性に溢れている
感じがして、最も彼らのアグレッシブな面が
出ているように思います。まぁ当時の彼らの
状況からしてみれば当然ですけどw
やっぱPunkってこういう雰囲気であるべき
なんじゃないですかね。

世間の評価は逆みたいですが、 まぁ
"Good Riddance (Time of Your Life)"が
最高とか言っている連中の耳なんて、ね。

GREEN DAY (1)はこちら
GREEN DAY (2)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
InsomniacInsomniac
(1995/10/05)
Green Day

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90s US Melodic Punk (Others)  |  Top↑

2011.03.11 (Fri)

Vol.1301 GRAVEDIGGER FIVE

1301GravediggerFive


GRAVEDIGGER FIVE - Tomorrow Is Yesterday
http://www.youtube.com/watch?v=yn_N4bUArbk

80年代に活動していたGarageバンドです。
このライブ映像からも分かる通り、その音は
結構猥雑な雰囲気。ポップなメロディラインは
あまりなく、さらに途中で無意味に入るシャウトが
若干の頭の悪さを演出していて良い感じです。
全体的に言えば無駄にRockしているという
表現がピッタリですかね?
さすが80s Garageはツワモノ揃いですよ。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Mirror Cracked & All Black & HairyMirror Cracked & All Black & Hairy
(1994/08/30)
Gravedigger V

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2011.03.10 (Thu)

Vol.1300 GRANDPRiXX

1300Grandprixx


GRANDPRiXX - Flavor of the Month
http://www.youtube.com/watch?v=8vO2eu5sn6w

90年代半ばくらいから活動していたアメリカの
Pop Punkバンドのようです。最近のPop Punksは
だいぶ洗練された音を出していると思いますが、
元々あの辺はこんな感じのチープな音ばっかり
だったんですよねー。こんな感じで少し懐かしさを
感じることが出来る、そんなサウンドです。

しかしこの曲はしっかり作られている方で、彼らの
本質?は早口ヴォーカルに性急でスッコスコな音。
間違いなくSCREECHING WEASELチルドレンですね。


▼この曲はこの作品に収録されていません。
Drive Me CrazyDrive Me Crazy
(2003/08/19)
Grandprixx

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90s Pop Punk (Melodic Style)  |  Top↑

2011.03.09 (Wed)

Vol.1299 GRAHAM PARKER (2)

1299GrahamParker


GRAHAM PARKER - Local Girl
http://www.youtube.com/watch?v=4C2SkcC3TXc

前に紹介したのは随分昔なんですね・・・。
時の流れを感じます。まぁ彼の音もそんな
時代を感じるPub Rockなんですが、
このメジャー感を持ったポップサウンドが
コステロに非常に似てると思いませんか?
ModsもPop PunkもGlamも当時の音楽を
みんな飲み込んで消化しきったような
スケールのある音、当時のこの周辺バンドは
とんでもないセンスを持っていたんですねぇ。

GRAHAM PARKER (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Squeezing Out Sparks & Live SparksSqueezing Out Sparks & Live Sparks
(2009/08/04)
Graham Parker

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s Pub Rock  |  Top↑

2011.03.08 (Tue)

Vol.1298 GRADE

1298Grade


GRADE - Triumph & Tragedy
http://www.youtube.com/watch?v=LSKNTVfAumA

個人的にはIGNITEと並んでかなり好きな
方の部類に入るハードコアバンドですね。
なぜかと言えば、当時のVictoryにして
EARTH CRISIS周辺のバンドではなかったこと、
絶叫が含まれていても決してメタルに傾倒せず、
しっかりとしたメロディを持ったポスト・ハードコアの
延長線上のスタイルを貫き通したことでしょうか。
とにかく他に有りそうで無かった貴重な音だと
思っています。ポスト・ハードコアとしても超一流、
90年代を代表するバンドですね。個人的に
"Days Just Wave Goodbye"は至極の一曲です。

しかしそんなスタイルだった故か、BLACK MARIA
みたいに軟化してしまったのが悔やまれます…。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Under the RadarUnder the Radar
(1999/10/12)
Grade

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00/10s Post Hardcore  |  Top↑

2011.03.07 (Mon)

Vol.1297 GRABASS CHARLESTONS

1297GrabassCharlestons


GRABASS CHARLESTONS - Atlanta Is a Cocaine Town
http://www.youtube.com/watch?v=ZwBmrwGD9UA

各所での評価が高い実力派バンドですね。
ホームレーベルはNo Idea、そのサウンドは
渋めのMelodic Pop Punkサウンドということで、
まさにNo Ideaというレーベルはこういう音なんだと
説明してくれるかのような、典型的な音を聴かせて
くれています。今じゃ大変貴重になったこのタイプ
ですが、90年代はこんなのはゴロゴロと溢れて
いたんですものねぇ…。そんな90sの魂を受け継ぐ
心意気を感じるこのバンドとレーベル、知らなかったら
今日から要チェックですよ!


▼この曲はこの作品に収録されています。
Ask Mark TwainAsk Mark Twain
(2005/08/23)
Grassbass Charlestons

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00/10s Emotional Melodic  |  Top↑

2011.03.06 (Sun)

Vol.1296 GOVERNMENT ISSUE (2)

1296GovernmentIssue


GOVERNMENT ISSUE - Strange Wine
http://www.youtube.com/watch?v=IkyAAYpT3-E

初期はバリバリのDC Hardcoreだった彼らも、
後期は何かこんな感じになってしまいました。
うーん、何ていうか見た目に売れないロックバンド
みたいな雰囲気が出ていますね。これには
古参のファンはさぞガッカリしたことでしょう。

しかし待って欲しい、音はそんなに悪くないと
思いませんか?それもそのはず、何ていったって
この後JAWBOX?BURNING AIRLINESという
Emotional Punkの金字塔へと続く途中の姿ですから。
スタイルが変わっても良い音だったバンドは結構
珍しいですね。TSOLとか見習って欲しかったですw

GOVERNMENT ISSUE (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Strange Wine: Live at CbgbStrange Wine: Live at Cbgb
(2003/05/20)
Government Issue

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s US DC  |  Top↑

2011.03.05 (Sat)

Vol.1295 GOTOHELLS

1295Gotohells


GOTOHELLS - Do It
http://www.youtube.com/watch?v=dXzlK4uAARI

俺くらいベテランになると、バンド名だけで
大体どんなサウンドか分かるようになるんですよ

ってのは嘘ですが、彼らはその名に恥じない
音を出していると思いますね。そう、まるで
地獄まで突っ走るかのようなR'n'Rサウンド、
これ以上ないというくらい野郎臭たっぷりで
ございます。その愚直っぷりはPunk'n'Rollの
お手本にしたいくらいですね。

そんな彼らですが、現時点のYouTubeには
彼らが動いている動画は上がってないようです。
いつかは見てみたいですねぇ。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Burning BridgesBurning Bridges
(1998/07/07)
Gotohells

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90s Rockabilly / Rock'n'Roll  |  Top↑

2011.03.04 (Fri)

Vol.1294 GORILLA BISCUITS (2)

1294GorillaBiscuits


GORILLA BISCUITS - Stand Still
http://www.youtube.com/watch?v=Rv6pLhTgxao

最近Youth Crewのシーンの熱さにはなんか
怖いものを感じてしまいます。だって活動から
約20年経ったライブでこの熱狂っぷりですからね。
全く衰えないどころか、再結成により一層の
爆発っぷりを見せるこのシーン、そのSxE思想か
この熱きサウンドが成せる技かは分かりませんが、
世界を見渡してもこんなシーン他に例は無いの
ではないでしょうか。うーん凄まじい。

GORILLA BISCUITS (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Start Today (Reis)Start Today (Reis)
(1994/07/31)
Gorilla Biscuits

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Youth Crew  |  Top↑

2011.03.03 (Thu)

Vol.1293 GORIES

1293Gories


GORIES - Nitroglycerine
http://www.youtube.com/watch?v=tfuXJL6JTIU

酒と女とロックがあれば人生は最高だ、彼らが
そう言ったかは不明ですが、そんな場末な雰囲気を
プンプンと漂わせていたのが彼らGORIESです。
特徴はそんなゴリゴリとしたGarageサウンド
なんですが、どこかで聴いたことがあるような・・・、
そうか、DIRTBOMBSだ!と思った方は鋭い。
なぜならフロントマンのMick Collins、
DIRTBOMBSのフロントマンですから。バンドが
変わってもやることは変わってないですねw

とにかく80s以降のGarageを語るには外すことが
できない重要バンドです!


▼この曲はこの作品に収録されています。
I Know You Fine But How You DoinI Know You Fine But How You Doin
(1995/06/06)
Gories

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s Garage/Glam/Hard Rock  |  Top↑

2011.03.02 (Wed)

Vol.1292 GOODS

1292Goods


♪GOODS - Take a Little Trip
http://www.youtube.com/watch?v=uSC30sDhZmg

Theologianに所属していた女性ヴォーカルの
Punkバンドです。残念ながらレーベル買い
していた時代に音源を手に入れた感じなので、
彼女らのバックグラウンド等は全く知りません。
とりあえず分かることは、あまり整ったメロディは
持っていないこと、写真の割には意外と迫力の
ある声の女性ヴォーカルである、というくらい
ですかね。LUNACHICKSとかが好きなら
オススメできますが、曲もムダに長いですし、
個人的にはイマイチです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Saving SanitySaving Sanity
(2002/10/07)
Goods

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s US Punk Rock  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
アクセスランキング ブログパーツ