このblogについて

パンク・ハードコアランキング |  音楽系人気ブログランキングへ

このblogはPunkの虜になってしまった管理人が、自分のお勉強や知識の棚卸しも兼ねて、主にYouTubeの動画を交えながら淡々とバンドを紹介していくblogです。


◆TOPIC◆

  • 紹介バンド一覧』を更新しました。(2015/10/10)
  • 毎日更新を終了しました。(2015/10/06)

紹介バンド一覧 を
作ってみました。適宜更新していきます。
(Last Update : 2015/10/10)


↓過去記事をランダムで表示します。
埋もれた名バンドに出会えるかも!?



尊敬する方、三橋貴明さんのblogです。必読!


ソニーストア

2012.09.30 (Sun)

Vol.1870 PAUL WELLER

1870PaulWeller.jpg


PAUL WELLER - Stanley Road
http://www.youtube.com/watch?v=W1BYG9OC5gQ

THE JAMで一世を風靡した彼ですが、JAM解散後は
STYLE COUNCIL、そしてソロ活動と、転落・・・いや
そのスタイルを柔軟にチェンジしていきました。
その時点で迷走だってのはなんとなく分かるのですが、
やはりチェンジし過ぎて方向を見失い、特にSTYLE COUNCILは
レーベルから作品のリリースを拒否され解散するという
屈辱的な扱いを受けたようです。流石にJAMの路線で行けば
良かったのに、とは言いませんが、流行に流されすぎて
Rockの魂がどこかに行っていたのは事実だと思いますね。
自分の芯というものを見失うとリスナーに見放されるという
反面教師だったと思います。見習いたくないものですね。

まぁ今の音もそんなに好きじゃないですがw 元JAMという
肩書きが無かったら、見向きもしてないかもなぁ。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Stanley RoadStanley Road
(1995/06/06)
Paul Weller

商品詳細を見る

iTunes Store → Paul Weller
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Indie Rock  |  Top↑

2012.09.29 (Sat)

Vol.1869 PAUL COLLINS BEAT (2)

1869PaulCollinsBeat.jpg


PAUL COLLINS BEAT - Big Pop Song
http://www.youtube.com/watch?v=fKRd_vBMuK0

70s Power Pop界の伝説と呼ばれる彼らですが、
実はそれ以後も結構コンスタントに活動を続けており、
この曲は2008年の作品からの曲となります。
見た目もすっかり年を召されていて、曲調も丸みを
帯びてしまった感はありますが、そのポップセンスは
衰えておらず、とても50代が作っているとは思えないくらい。
心地よいリズムとメロディが身体に染み込んでくるような
感覚にさえ襲われる点は、流石という感じです。

そんな彼らですが、なんと去年来日していたとのこと!
ヤバイ、全く知らなかったですね。うーむ、
"Work-A-Day World"を一緒に合唱したかったです。

PAUL COLLINS BEAT (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Ribbon of GoldRibbon of Gold
(2008/06/30)
Paul Collins\' Beat

商品詳細を見る

iTunes Store → Paul Collins Beat
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s Power Pop  |  Top↑

2012.09.28 (Fri)

Vol.1868 PAUL BARIBEAU

1868PaulBaribeau.jpg


PAUL BARIBEAU - Ten Things
http://www.youtube.com/watch?v=749g_DBG618

ヒゲが特徴的なこのオジサン、アコギ一本で勝負する
そのスタイルは、Acoustic Folk Punk Singerと
カテゴライズされていますね。音自体はまさにその
表現のままというサウンドで、上のURLをクリックすると
情熱的なアコギに乗った激しめな熱いオッサンの叫びを
聴くことができます。こう書くと押さない人も出てくる
かもしれませんがw、No Idea にも認められている
その実力、ぜひ一度は味わってみてください。
涼しくなってきたこの時期にはピッタリかもw


▼この曲はこの作品に収録されています。
Grand LedgeGrand Ledge
(2008/09/02)
Paul Baribeau

商品詳細を見る

iTunes Store → Paul Baribeau
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Acoustic  |  Top↑

2012.09.27 (Thu)

Vol.1867 PATTI SMITH (2)

1867PattiSmith.jpg


PATTI SMITH - Because The Night
http://www.youtube.com/watch?v=xACZHv-sLCg

ち、乳首見えてますよ・・・なジャケで
恐らく当時の青少年をドキドキさせたNY Punk界の
女王ですが、個人的にはArt Rock的なイメージが強く、
実は今現在まであまりPunkとして捉えたことが無い
ですね。NY Punkはまさに何でも有りなシーンであった
ためその辺りのさじ加減が難しく、なかなかPunk初心者
には手が出しにくいところだと思います。まぁあまり
難しく考えずに聴くのが良いかもしれませんね。
色々なNY Punkバンドを聴くうちに、言葉では形容し難い
サウンドではない共通する「何か」を見つけることが
出来るかもしれませんので。

PATTI SMITH (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
EasterEaster
(1996/06/18)
Patti Smith

商品詳細を見る

iTunes Store → Patti Smith
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s US NY Punk  |  Top↑

2012.09.26 (Wed)

Vol.1866 PATTERN

1866Pattern.jpg


PATTERN - Fragile Awareness
http://www.youtube.com/watch?v=XYrqI9Jkieo

Punkレーベルとして名高いLookout! Recordsですが、
その懐は意外に広く、2000年代にはこんなサウンドを
奏でるバンドも所属していました。しかしどうですか
この音、2000年代はスタイリッシュなガレージを奏でる
いわゆる Garage Revival なんてものが流行りましたが、
メジャーレーベルに所属していたバンド達にも劣らない、
むしろ上回ってんじゃないかくらいの音を出しているとは
思いませんか?まぁ評価は皆さんの耳におまかせすると
して、STROKES等のそれらの多くのバンドとツアーしている
にも関わらず彼らだけ無名なのは納得がいきません。
ぜひ一緒に聴いてあげてください。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Real FeelnessReal Feelness
(2002/09/10)
Pattern

商品詳細を見る

iTunes Store → Pattern
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s Garage  |  Top↑

2012.09.25 (Tue)

Vol.1865 PATRIK FITZGERALD

1865PatrikFitzgerald.jpg


PATRIK FITZGERALD - Safety Pin Stuck In My Heart
http://www.youtube.com/watch?v=7U9HwmZQYps

Punk Rockムーヴメントが勃発した1977年のUKにて、
アコギ一本でその波に乗っかったのが彼ですね。
なぜ一人なのか、なぜアコギだけを選択したのか、
詳しいところは分かりませんが、あの革新的なシーンの
中でもさらに革新的であったのは間違いありません。
Acoustic Punkなんて書くと初期Punk好きな方には
敬遠されるかもしれませんが、聴いてわかるとおり
そのジャカジャカギターによるサウンドには結構な
勢いがあり、普通にPunksにも受け入れられる要素が
あると思っています。なかなかマニア御用達の域から
出きれない彼ですが、異端の存在として再注目して
みてはいかがでしょうか。


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Very Best of Patrick FitzgeraldThe Very Best of Patrick Fitzgerald
(1999/09/07)
Patrick Fitzgerald

商品詳細を見る

iTunes Store → Patrik Fitzgerald
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s UK Punk  |  Top↑

2012.09.24 (Mon)

Vol.1864 PASTELS (2)

1864Pastels.jpg


PASTELS - Yoga
http://www.youtube.com/watch?v=GcHpEXdua1w

お前ら男だろっ!って言いたくなるほど気合いが
入っていないヨレヨレ・ポップを得意としていた、
いや1997年を最後にアルバムを出していないっぽい
ですが現役らしいので、得意として"いる"バンドです。
世間的にはTweeにカテゴライズされることもあるよう
ですが、個人的にTweeは青空を見上げたときのような
ワクワク爽快感を感じさせるものだと思っているので、
こんな雨の日に家に閉じこもっているような音は全く
正反対だと言わせていただきたいと思います。
この書きっぷり、えぇそうですよ、個人的に好きじゃない
バンドですね。もっとちゃんと曲を作れるだろうと。
なんか上の動画も中途半端で終わってるし・・・。

PASTELS (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Mobile SafariMobile Safari
(1996/01/16)
Pastels

商品詳細を見る

iTunes Store → The Pastels
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80/90/00s Twee Pop  |  Top↑

2012.09.23 (Sun)

Vol.1863 PARTISANS (2)

1863Partisans.jpg


PARTISANS - So Neat
http://www.youtube.com/watch?v=sTurVvlrjqQ

80年代のUKで存在感を放っていた彼らですが、
90年代後半くらいにヒッソリ再結成、さらには
2004年にアルバムを出していたりします。その
レーベルはTKOとDr. Strangeということで、
完全にUSに拠点を移しているようですね。
まぁ2000年代のUKよりはUSの方が理解してくれる
リスナーは多そうです。そんな再結成後の音は、
昔やっていたポップなPunk Rockという性質は
変わることなく、むしろさらにPopになっている印象。
この年代のこの傾向の音としては、かなり高レベルで
あると思っています。やっぱり高いセンスを持っていた
バンドは何時まで経っても光り輝けますね。

ちなみにWikipediaには"Currently the band are
writing and recording new material."なんて
書かれていますが、8年ほど音沙汰が無いんですね…。

PARTISANS (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
So NeatSo Neat
(2006/04/04)
Partisans

商品詳細を見る

iTunes Store → The Partisans
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s UK Punk Rock  |  Top↑

2012.09.22 (Sat)

Vol.1862 PARKWAY DRIVE

1862ParkwayDrive.jpg


PARKWAY DRIVE - Karma
http://www.youtube.com/watch?v=HafGJQXGFuY

オーストラリアが誇るMetalcoreの超新星が彼らですね。
活動開始から国内、そして世界と着々と実績を積み重ね、
なんとデビュー作がEpitaphからのリリース。何作目とか
ならまだしも、初作、しかもオーストラリアからの契約
ですからね。そのポテンシャルの高さに注目されたの
でしょう。確かにその通りで活動初期からそのメタルコア
クオリティは相当高く、とてもこれが初めてとは思えない
ほど。まぁKILLSWITCH ENGAGEのプロデュースや多くの
名メタルコアバンドとの競演の賜物ですね。まだまだ
衰えることを知らない勢いを保った彼ら、このハリケーン並の
爆圧サウンドを是非とも味わってみてください。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Deep BlueDeep Blue
(2010/06/29)
Parkway Drive

商品詳細を見る

iTunes Store → Parkway Drive
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Metalcore  |  Top↑

2012.09.21 (Fri)

Vol.1861 PARKINSONS

1861Parkinsons.jpg


PARKINSONS - Primitive
http://www.youtube.com/watch?v=1AU5AP34Dcc

昔ヤフオクをよく利用していたのですが、
そのときによく100円くらいで出品されていたのが
ATOMIC BOYと彼らでした。当然のごとく売れ残っていて、
Punkカテゴリを調べるとジャケのせいもありよく目に
ついたので印象に残っていたのですが、ある日
めぼしい音源は手に入れてしまっていて
「何か変わったのは無いかなぁ~」なんて思っていた
ときについ魔が差してしまったのが入手の切欠でした。
「まぁ100円だからハズレてもいいか」と思って聴いた
のですが、意外や意外その音はかなりしっかりとした
Garage Punk、2000年代のUKバンドということで、正直
この時代に持て囃されていた似非Garageバンドより
良いモノを持っていたように思います。

今も100円で売っているのかな?とりあえず100円以上の
価値はあると思いますので、とりあえず聴いてみては。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Long Way to No WhereLong Way to No Where
(2004/05/25)
Parkinsons

商品詳細を見る

iTunes Store → The Parkinsons
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s Garage  |  Top↑

2012.09.20 (Thu)

Vol.1860 PARASITES

1860Parasites.jpg


PARASITES - Crazy
http://www.youtube.com/watch?v=zob6fsQmorw

90年代最高のPop Punkソングにして、未だにこれを
超えるのが出てきてないというくらい、世界中で
高評価&愛されている曲&バンドですね。私も
聴く前までは「買いかぶり過ぎだろう」なんて思って
ましたが、聴いてビックリ、まさにその通りでした。
まぁ正直言うと一聴してそう思った訳ではなくて
聴きこんで段々とそう思ったんですけどね。
でも裏を返せば聴けば聴くほどその良さが分かり、
最後には「何だこの完璧なPop Punkは!」と唸るほど
よく作りこまれているという恐ろしさに驚愕する
ことになると思います。いやはや本当に素晴らしい
バンドですよ。2000年代に再結成してくれてとても
嬉しい限りです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
PunchlinesPunchlines
(1994/04/25)
Parasites

商品詳細を見る

iTunes Store → Parasites
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90s Pop Punk (Melodic Style)  |  Top↑

2012.09.19 (Wed)

Vol.1859 PAPA ROACH

1859PapaRoach.jpg


PAPA ROACH - Dead Cell
http://www.youtube.com/watch?v=4jy8dUnPWaE

90年代以降、様々なミクスチャーと呼ばれるバンド達が
出てきましたが、その中で最もクールでシャープな音を
出していたのが彼らだと思っています。まぁ要はPunkに
近い音の爽快感とかを持っていたと言いたいんですね。
曲のまとまりとかサビへの持ってき方とかが、この界隈
ではかなり上手く作りこんでいると思います。振り返ると
28 DAYSと並ぶくらいですかね?とにかくPunkにハマって
いた私が初めて聴いて速攻で気に入ったくらいですから、
この感覚は間違いないと思ってます。

まぁこれは初期の頃だけの話ですがw
このままのスタイルでいけば良かったのに…。


▼この曲はこの作品に収録されています。
InfestInfest
(2000/04/25)
Papa Roach

商品詳細を見る

iTunes Store → Papa Roach
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Mixture  |  Top↑

2012.09.18 (Tue)

Vol.1858 PANTS YELL! (2)

1858PantsYell.jpg


PANTS YELL! - Someone Loves You
http://www.youtube.com/watch?v=odL9c700dag

なんかパッとしない、いかにもモテなさそうな
男達によるTwee Popバンドですね。Tweeなサウンドを
男3人で奏でるというだけでこう何とも言えない雰囲気が
漂っていますが、でもその懐かしさや安心感まで感じさせる
ポップセンスはこのシーンの中でも光る物を持っていると
思いますので、胸を張って活動していって欲しいです・・・
と書いてたらどうも解散してしまっているようですね。残念。

でもなんで男だけでTweeをやろうと思ったんですかね。
その結成動機に若干興味があったり。

PANTS YELL! (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
Received PronunciationReceived Pronunciation
(2009/11/10)
Pants Yell

商品詳細を見る

iTunes Store → Pants Yell!
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80/90/00s Twee Pop  |  Top↑

2012.09.17 (Mon)

Vol.1857 PANSY DIVISION

1857PansyDivision.jpg


PANSY DIVISION - I Really Wanted You
http://www.youtube.com/watch?v=gXJRk9GCzLg

ゲイ、レズビアン、広義にはバイも含まれるようですが、
そんな人達がやっているPunkを Queercore と呼んだりしてます。
元々アメリカでは迫害対象となりがちであったゲイですが、
特にPunkシーンになると漢らしいモノを求める血気盛んな野郎共の
せいもあるのか、ナヨっとしていたPunksは肩身の狭い思いを
していたようですね。しかしそんなシーンに風穴を開けたと
言われるのが彼ら、90年代のPop Punkシーンの台頭に乗っかって、
ゲイな歌詞でも違和感の無いポップサウンドを武器に一躍シーンに
躍り出ました。てかそのPop Punkセンスはホームとしていた
Lookout! Recordsの中でも正直トップレベル、個人的には
Mr.T EXPERIENCEに匹敵すると思っています。まぁその歌には
"He Whipped My Ass in Tennis (Then I Fucked His Ass in Bed)"
なんてドストレートなのもあって正直人前では聴けないのですがw、
しかしそれだけでこのPop Punkを味わわないのは勿体ないです。
彼らのスタイルと同様に、オープンに聴いてみてはいかがですか?


▼この曲はこの作品に収録されています。
Wish I\'d Taken PicturesWish I\'d Taken Pictures
(1998/02/08)
Pansy Division

商品詳細を見る

iTunes Store → Pansy Division
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Queercore  |  Top↑

2012.09.16 (Sun)

Vol.1856 PANICS

1856Panics.jpg


PANICS - I Wanna Kill My Mom
http://www.youtube.com/watch?v=FzDxKopyPd8

"I Wanna Kill My Mom"なんて恐ろしいタイトルの
代表曲を持つ彼らは、80年代のUSはインディアナで
活動していたバンドです。しかしどうですか、
このリンク先で見れる編集盤のジャケット。
全く中身が期待できない雰囲気がバリバリですよね。
まぁ実際そのとおりなんですがw とにかくその
グダグダさが評価され愛されているという、
思えば最もPunkを体現しているバンドと言えるかも
しれません。

ちなみにバンド写真からもそのチープさっぷりが
滲み出ているのも凄いですね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
1980-1981: I Wanna Kill My Mom!!!1980-1981: I Wanna Kill My Mom!!!
(2012/06/26)
The Panics

商品詳細を見る

iTunes Store → The Panics
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80s US Central Area  |  Top↑

2012.09.15 (Sat)

Vol.1855 PANIC! AT THE DISCO

1855PanicAtTheDisco.jpg


PANIC! AT THE DISCO - I Write Sins Not Tragedies
http://www.youtube.com/watch?v=vc6vs-l5dkc

FALL OUT BOYの大成功で味をしめてしまった
Fueled By Ramenが、満を持して送り出したエモバンド
ですね。まぁ音も曲もとにかくヒドイくらいEMOで、
完全にキッズ相手に商売をしていたようにしか
見えません。FALL OUT BOYなんかは昔の音を聴けば、
自分達でスタイルを作り上げてきたのが分かるのですが、
これはちょっとねぇ。とりあえず個人的に一番嫌いな
エモバンドだったということは確かです。
まぁEMOファッションの女の子は可愛くて良いんですけどねw


▼この曲はこの作品に収録されています。
Fever You Can\'t Sweat OutFever You Can\'t Sweat Out
(2006/08/14)
Panic at the Disco

商品詳細を見る

iTunes Store → Panic! At the Disco
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Emo  |  Top↑

2012.09.14 (Fri)

Vol.1854 PALEY BROTHERS

1854PaleyBrothers.jpg


PALEY BROTHERS - Stick With Me Baby
http://www.youtube.com/watch?v=ZiucvbSY9-M

名前からして分かりますね。えぇ、兄弟ユニットです。
音的にはRASPBERRIES寄りといった感じの甘めな
70s Power Popというところで、バリバリのPunksな
皆さんには物足りなく感じられるかもしれません。
では彼らがRAMONESの映画である「ロックンロール・
ハイスクール」に出演しており、RAMONESとこの曲
作ったという情報を聞くといかがでしょうか。
RASPBERRIESとBEACH BOYSとRAMONESの良い所
だけを抜き出して、1.5倍くらい高速回転させたような
この珠玉の一曲、これだけで彼らの偉大さが分かると
いうものですね。当時は評価されなかったため音源は
一昔前は鬼レアでしたが、今は比較的普通に手に入る
ようですね。当時5,000円位出して買った身としては、
この幸せ者が!という気分です。


▼この曲はこの作品に収録されています。
ペイリー・ブラザーズペイリー・ブラザーズ
(2002/11/20)
ペイリー・ブラザーズ

商品詳細を見る

iTunes Store → Paley Brothers
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s Power Pop  |  Top↑

2012.09.13 (Thu)

Vol.1853 PAINTED THIN

1853PaintedThin.jpg


PAINTED THIN - Hurricane Prone
http://www.youtube.com/watch?v=whz-leQNwkc

90年代に活動していたカナダのバンドですね。
この曲だけ聴くと「おっ、LEATHERFACEを崇拝する
UKのバンドかな?」と思われるかもしれませんが、
残念ながらカナダのバンドです。レアなバンドのため
私も彼らのアルバムを全部聴いた訳ではないのですが、
LEATHERFACEっぽいのはこの曲だけのように思います
ので、それを期待されると裏切られるかもしれません。
なおフロントマンのStephen Carroll、後のWEAKERTHANSの
一員ということで、まぁあの音がPunkishになったと考えて
もらっても間違いないと思います。曲によっては結構似た
雰囲気のものもありますしね。若干荒削りですが、
Emotinal Melodicとして良いものは出せていると思いますよ。


▼この曲はこの作品に収録されていません。
Still They Die of HeartbreakStill They Die of Heartbreak
(2005/04/19)
Painted Thin

商品詳細を見る

iTunes Store → Painted Thin
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  80/90s Canadian Punk  |  Top↑

2012.09.12 (Wed)

Vol.1852 PAINT IT BLACK

1852PaintItBlack.jpg


PAINT IT BLACK - Pink Slip
http://www.youtube.com/watch?v=xEksRPxHe3M

速く、短く、激しいながらもMelodicなハードコアを
志向するバンドですね。このタイプには珍しく国内盤が
発売されたりしていて、当時「珍しいなぁ」と思った
記憶があります。まぁ面子を見ればそれも納得で、
中心人物はLIFETIMEKID DYNAMITEのDan Yemin、
ドラムの David WagenshutzはGOOD RIDDANCE
NONE MORE BLACKですし、その面々は何かしら
90年代以降のMelodic Hardcoreシーンに携わっている
ようで、ある意味その集大成と言うべきSupergroupかも
しれません。とはいえ個人的にはそれらの音よりは
結構激しく感じていて、Melodic Hardcoreとはちょっと
違うかなと思っていたり。まぁ聴く人によるかもしれません。


▼この曲はこの作品に収録されています。
ParadiseParadise
(2005/03/08)
Paint It Black

商品詳細を見る

iTunes Store → Paint It Black
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s US Old School HxC  |  Top↑

2012.09.11 (Tue)

Vol.1851 PAGANS

1851Pagans.jpg


PAGANS - What's This Shit Called Love
http://www.youtube.com/watch?v=LV0HdkdrA8U

「愛という、こんな糞みたいなものはなんだ!」
というPunkなタイトルを歌う彼らは、70年代のUSで
活動していたバンド。結成が1977年ということで、
当時異端児が揃っていたオハイオシーンの中でも
存在感があったと思います。当時のUS Punkといえば
NY Punk辺りが全盛で、こんなギターザクザクの
サウンドなんてほぼ皆無。同郷・同世代のDEAD BOYS
このシーンを作りあげたということで、あちらレベルの
賞賛はされて良いと思うんですけどね。現実はマニア御用達
くらいの知名度しかありません。どうしてこんなに差がついた…。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Shit StreetShit Street
(2001/05/15)
Pagans

商品詳細を見る

iTunes Store → The Pagans
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s US NY Punk  |  Top↑

2012.09.10 (Mon)

Vol.1850 P.O.D.

1850POD.jpg


P.O.D. - Southtown
http://www.youtube.com/watch?v=YWl9tjO7KtA

"Payable On Death"の略称をバンド名として掲げる
彼らは、Rapcoreシーンの一翼としてUSで活動してきた
バンドですね。日本では無名でしたが、そんな彼らが
一躍脚光を浴びたのが「マトリックス・リローデッド」
の主題歌として採用された頃でしょうか。正直あの曲は
ハードロックという感じで彼らの持ち味が出ていなく、
個人的にはそんなに好きではないですが。まぁそもそも
彼らのこと自体そんなに好きではないっていうw
まぁたまーに聴きたくなるRapcoreの一つとして
聴いている感じです、ハイ。


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Fundamental Elements of SouthtownThe Fundamental Elements of Southtown
(2003/01/24)
POD

商品詳細を見る

iTunes Store → P.O.D.
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Mixture  |  Top↑

2012.09.09 (Sun)

Vol.1849 OZMA

1849Ozma.jpg


OZMA - Domino Effect
http://www.youtube.com/watch?v=t6zN0Zu2KOI

どっかの誰かのせいでOZMAを検索すると
「アゲ♂アゲ♂」なんて腐った言葉が出てきますが、
本来はこっちが引っかかって欲しいんですよね。
そんな彼らは90年代から活動しているPower Popバンドで、
レーベルはVANDALSが主催するKung-Fu Recordsに
所属していました。しかし音は本当にシンセとか入った
バリバリのPower Popにも関わらず、あのPunkレーベル
にずっと所属していたことが不思議。まぁそれは彼らの
音が芯の通った「本物のPower Pop」だからでしょうね。
真のPunksは音の種類より強固な信念、アティテュードに
惹かれるものなんですよ      ・・・たぶん。

ちなみにASIAN KUNG-FU GENERATIONが彼らの大ファンで
あるそうで、よく主催のライブに呼んでいるそうですね。
さすが。良い耳を持っていると思います。
そのせいか彼らも日本好きなのかな?こんな曲もやってますし。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Rock & Roll 3Rock & Roll 3
(2005/02/01)
Ozma

商品詳細を見る

iTunes Store → Ozma
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s Power Pop  |  Top↑

2012.09.08 (Sat)

Vol.1848 OXYMORON

1848Oxymoron.jpg


OXYMORON - Run From Reality
http://www.youtube.com/watch?v=OoeGMJfA748

気合いの入ったスタイルとゴツイ見た目、
そして若干舌足らずなヴォーカルからも分かる通り、
90年代から活動するドイツのOi/Street Punkバンド
ですね。しかしその音の良さからか、その人気は
ドイツ国内だけでは収まらず、ANTI-HEROSのレーベル
GMM Recordsからも音源を出したりしていて、
知名度的には全世界的なものがあるかと思います。
個人的な感覚としては、ドイツのCASUALTIESという
位置に居るのかなと。結成初期くらいに一緒にツアー
してたりするようですし、あながち間違っていないと
考えてますね。Street Punk好きなら外せない、ていうか
知らなかったの?ってなくらいの熱い連中でございます。


▼この曲はこの作品に収録されています。
WestworldWestworld
(2002/06/18)
Oxymoron

商品詳細を見る

iTunes Store → Oxymoron
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90/00s Ohter Country Punk  |  Top↑

2012.09.07 (Fri)

Vol.1847 OVER MY DEAD BODY

1847OverMyDeadBody.jpg


OVER MY DEAD BODY - No Barriers, No Borders
http://www.youtube.com/watch?v=67FsV9Ryg7o

聴いて分かるとおり、ちょっとGrind気味な暴走加減を
持っているHardcore Punkバンドです。けどそれくらい
しか特徴が無いバンド・・・と思いきや、その中心人物の
David Kennedyはとてつもない経歴の持ち主だったり。
だってANGELS & AIRWAVESの現メンバーであり,さらに
BOX CAR RACER,そしてHAZEN STREETという超メジャー
どころの結成メンバーだったりするんですからね。
逆に何でこのバンドだけ無名なんだろうと不思議に
思えるくらいです。まぁ得てしてこういうのは
趣味の範疇であったりするんですけどね。
確かに曲はあんまり真面目に作ってなさそう(失礼


▼この曲はこの作品に収録されています。
No RunnersNo Runners
(2001/01/01)
Over My Dead Body

商品詳細を見る

iTunes Store → Over My Dead Body
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s StraightEdge  |  Top↑

2012.09.06 (Thu)

Vol.1846 OVER IT

1846OverIt.jpg


OVER IT - Wrongway
http://www.youtube.com/watch?v=sJWg7u0UF-0

マニアックながらも独特なサウンドを持つバンドが
集まっていたレーベルLobster Records、その中でも
ストレートなMelodic Punkという音を出していた
バンドが、このOVER ITです。どうですか、
この高速サウンド、もしノーマークでいたなら
勿体ない、Lobster Records時代の音だけでも
聴いておくべきですね。えっ、じゃあそれ以外の音は
駄目なの?と思われた貴方は鋭い。彼らはそこそこ
注目されてしまったせいか、3rdのリリース後に
Virgin Recordsに移籍してしまい、そこから出した
4thが腐っていたというある意味真っ当な道を歩んで
しまいました。どうして人は誤った道に進んで
しまうのか・・・。哲学者達も追及した永遠の謎ですね。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Timing Is EverythingTiming Is Everything
(2003/12/09)
Over It

商品詳細を見る

iTunes Store → Over It
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s US Melodic Punk (Others)  |  Top↑

2012.09.05 (Wed)

Vol.1845 OUTSIDERS

1845Outsiders.jpg


OUTSIDERS - Time Won't Let Me
http://www.youtube.com/watch?v=efpp03h_Ja8

60年代に活動していたアメリカのRock'n'Roll~Garageバンド
ということで、当時ならではの60s Rockという感じの音を出して
いました。まぁそんなことは聴いてもらえれば分かるのですが、
ここで提起したいのは映像からは彼らも当時結構人気があった
ようであるにも関わらず、60sバンドで後まで人気となるのが
どれもUKバンドなのか、ということです。BEATLESしかり、
ROLLING STONESしかり。USにも彼らやSONICS等がいたにも
関わらず、そちらは今現在まで誇る人気を獲得できていません。
当時の音的に大差ないと思うんだけどなぁ。それか70年代以降の
活動が影響しているんですかね。まぁ言いたいのは60年代の
US Rockもちゃんと聴いてくださいってことです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
OutsidersOutsiders
()
The Outsiders

商品詳細を見る

iTunes Store → The Outsiders
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  60s US  |  Top↑

2012.09.04 (Tue)

Vol.1844 OUTCASTS (2)

1844Outcasts.jpg


OUTCASTS - Self-Conscious Over You
http://www.youtube.com/watch?v=pIkUyGq0sxI

彼らの曲を聴く度にいつも感じるのは、こんなに
イカツイ見た目なのに音はナヨっとしていると
言ってもいいほど柔らかな、そのギャップの激しさ
ですね。特に彼らは女性ヴォーカルが歌ってるのか?
ってくらいの雰囲気を持っていると思います。
まぁこの辺りの要素は所属していたレーベル
Good Vibrationsの特徴とも言えるようで、つまりは
この年代の北アイルランドPunkの特徴とも言えるの
ですが。そんなLondon辺りのPunkとはちょっと趣が
異なるこのシーン、じっくり味わうと分かってくる
良さがありますね。

ちなみにカテゴリはIreland Punkとしちゃってますが、
向こうの人に怒られてしまうかもしれません。

OUTCASTS (1)はこちら


▼この曲はこの作品に収録されています。
The Punk Singles CollectionThe Punk Singles Collection
(2001/11/06)
Outcasts

商品詳細を見る

iTunes Store → The Outcasts
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  70s Ireland Punk  |  Top↑

2012.09.03 (Mon)

Vol.1843 OUT OF ORDER

1843OutOfOrder.gif


OUT OF ORDER - Doris
http://www.youtube.com/watch?v=-Mk3MKXYC98

どうもOUT OF ORDERというバンドは2つ居るらしく、
一つは80年代の活動していた気合いの入ったPunks、
もう一つは今日紹介する90年代のSka Punkバンドです。
どっちの方が知名度が高いかというと微妙な感じで、
定量的に見るとどちらも知名度が低い。正直調べても
どちらのバンドの情報もよう出てきません。もうなんか
調べるのに疲れました。彼らのオフィシャルサイトを
置いておきます
ので、各自で見ておいてくださいw
90年代のSka Punk好きにはオススメです。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Out of OrderOut of Order
(1995/12/04)
Out of Order

商品詳細を見る

iTunes Store → Out of Order
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  90s Ska/Ska Punk  |  Top↑

2012.09.02 (Sun)

Vol.1842 OSKER

1842Osker.jpg


OSKER - Alright
http://www.youtube.com/watch?v=vslepJDOtZ8

彼らも私の人生ベスト5に入ってくるほど
素晴らしいバンドです。とにかくその音が独特過ぎて、
数千のバンドを聴いた私でも未だに彼らにそっくりな
サウンドを聴いたことがないくらいですからね。
でもそのサウンド自体に全く特別なことはやっていない
と思うんですよ。個々の要素に特別なモノは持っていない
ながらも、他のバンドには決して真似できないその音の
組み立て、そこにとてつもないセンスがあるのかなと。
あとはやっぱり特徴的なDevon Williams のヴォーカル、
これらが合わさって爆発的な化学変化を起こし、彼らを
孤高の存在にしているんだと思います。
数多くのPunkバンドを聴いた方なら、彼らの凄さ、
ユニークさが分かっていただけるでしょうか?

そんな彼らはたった2枚の作品だけを残して消えて
しまいましたが、逆にそれが彼らの希少性を際立たせて
くれているのかもしれません。
Devonの声に惚れたという方がいましたら、ぜひ
FINGERS CUT MEGAMACHINEも聴いてあげてください。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Treatment 5Treatment 5
(2000/03/09)
Osker

商品詳細を見る

web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s US Melodic Punk (Epitaph)  |  Top↑

2012.09.01 (Sat)

Vol.1841 OSAKA POPSTAR

1841OsakaPopstar.jpg


OSAKA POPSTAR - Wicked World
http://www.youtube.com/watch?v=_o1ZSDPwRZg

海外では「可愛い」という日本語が"Kawaii"として
英語になっているそうで、キャラ押しするなど
何でも可愛く扱ってしまう日本文化が認められている
ようですね。ではこのバンドのPV、バンド名と合わせて
「日本カブレのバンドか?」と思うのも当然です。
まぁ実際そうっぽいのですが、では最近の若い奴らの
活動かと思いきや、面子を見て驚愕することでしょう。

Vo: John Cafiero (Punk Video Producer)
Bs: Jerry Only (Misfits)
Gt: Dez Cadena (Black Flag)
Gt: Ivan Julian (Voidoids)
Dr: Marky Ramone (Ramones)

・・・どうですか、とてもこのPVと合わないでしょうw
ちなみにセーラームーンのカバーもやってたりと
いうことで、意外とアニオタなんですかね?w
全体的にとても可愛いバンドでございます。


▼この曲はこの作品に収録されています。
Osaka Popstar & The American Legends of PunkOsaka Popstar & The American Legends of Punk
(2006/05/23)
Osaka Popstar

商品詳細を見る

iTunes Store → Osaka Popstar
web拍手 by FC2


音楽ブログ パンク・ハードコア
EDIT  |  22:00  |  00s Pop Punk (Ramone Style)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
アクセスランキング ブログパーツ